--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-28(Sun)

竜馬に追い付け、追い越せ !

 最近、大河ドラマの影響か

何かと話題の坂本竜馬。

私も、以前ブログでも書いたと思うが

熱烈な竜馬ファンである。

大河ドラマも、毎回チェックしています。

そんな大河ドラマの竜馬に対して

対抗意識を燃やしているは、あの男

そう、香川さん演じる岩崎弥太郎です。

ハングリーで行動力が並ではない。

ある意味、主役の座を取ってしまうような勢いです

あと、何よりガムシャラなところが良い

凡人の私としては、なぜか

竜馬より、親しみが湧いてしまう。

そんな岩崎弥太郎を見ていると、私の友達が

以前、こんな事を、言っていたのを思い出した。

「幕末よりも、優れた道具があるのだから、竜馬を超えられない訳ない」と。

確かに、そうかもと納得。

それに、竜馬って33歳という

あまりに早く、亡くなっているんだよね。

私が、日本人の平均寿命70歳代まで

生きるとしたら、超えられる事が出来るかも?

なんて思ってしまう。

「追いつくつもりで頑張らないと、追いつかない !」

と後は、気持ち次第。

こんなこと言ったら、竜馬ファンに怒られてしまうかな…



ブログランキングに参加しています。

ポチットヨロシクお願いしまーす。
↓   ↓   ↓




スポンサーサイト
2010-01-04(Mon)

龍馬伝 始動 !

昨日は、なんと待望の大河ドラマ「龍馬伝」が始まりました。

「尊敬する歴史的人物は誰?」と聞かれたら、俺は真っ先に「坂本龍馬」と名を挙げますハンドアップ

それだけ龍馬の生きざまが好きなんだなぁ~アップロードファイル

ブログもそう。

俺のブログのタイトルを見るとわかるとおり、「ぐーたら整体師がゆく」は、司馬遼太郎著の「竜馬がゆく」から頂きました。

「竜馬がゆく」は何回読んだか、自分では判らない位。

まぁ~、私の竜馬好きは、これぐらいにしときましょう。

大河ドラマと言うと「竜馬って、ちょくちょく出ているじゃん」と言うかもしれません。

でも実は、竜馬を主人公にした大河ドラマは、30年以上前にやった「竜馬がゆく」以来なんですね。

あれだけ歴史的有名人が、主役を約30年ぶりにやるなんて驚きですびっくり

あと、キャストにも「坂の上の雲」で正岡子規を熱演していた香川照之さんが出ます。

今度の役は、なんと、三菱財閥を一代で築き上げた岩崎弥太郎。

なかなか、癖のある人物なので、熱い演技をする香川さんにはうってつけなのかもしれません。

「いや~、龍馬伝、これからも楽しみですはいてんしょんなかお★

今回も録画してあるので、まだ見ていないんですけどね・・・汗




ブログランキングに参加していまーす。

ポチっとヨロシクお願いします。
↓   ↓   ↓





2009-12-30(Wed)

曹操の陵墓発見 !

この前の朝、たまたまテレビを見ていたら、驚きのニュースが流れた。

な、な、なんと曹操のお墓が発見されたらしいびっくり

知っている方もいると思うが、曹操とは、三国時代の英雄の一人である。

三国時代とは、昔中国が3つの国に分かれて争っていた時代の事。

日本でいえば、邪馬台国で有名な卑弥呼の時代のちょっと前ぐらいかな。

その話をまとめたのが、三国志である。

最近やっていた映画「レッドクリフ」は、その三国志の話の一部である赤壁の戦いを描いたもの。

その中の悪役の親玉が曹操であると言ったら、「あ~、あいつか」と判る人も多いかもしれない。

いかにも、悪い事をいっぱいやっていそうな感じの男である。

確かに、数々の悪名を轟かせていた事は事実。

だが、それ以上に、さまざまな才能を発揮させた人物でもあった。

だから、正史三国志(三国志の原本)では、曹操が主人公になっている。

そんな曹操のお墓が、この前発見されたと言うのだ。

俺は「もう、とっくの昔に発見されたんじゃないの?」と思っていた。

そんなもんだから、非常に驚いた訳だ。

文献の中だけでしか判らなかったモノが、形になって証明される。

歴史って面白いですね にっこり !


曹操を主人公にしたマンガ。
極厚蒼天航路 1 (モーニングKCDX)極厚蒼天航路 1 (モーニングKCDX)
(2009/05/22)
王 欣太李 學仁

商品詳細を見る

曹操の魅力を、余すことなく描いている。

三国志好きにも、三国志を知らない方にも、面白いのでお勧めですよ GOOD !



ブログランキングに参加していますので、ポチっとお願いします。
↓   ↓   ↓





2009-12-27(Sun)

マンガ・田母神流 !

この前、「なんか読む本がないかなぁ~」と思い本屋本に行きました。

そして、いつも行くビジネス書のコーナーに向かいました。

前にも言ったが、自分の志向が変わったため、以前より読みたい本があまりない。

だが、気になる本を一冊見つけた。

その本は「田母神流」と言うマンガである。

元自衛隊である田母神俊雄さんの考えを、マンガでやさしく描いた本である。

俺は田母神さんの事はニュースで見ただけで、あまりよく知らなかった。

だから、どんな人物なのか知りたくなり、買ってみた。

マンガなので、あっと言う間に読み終えちゃいました。

俺が10年前から愛読している、小林よしのり氏の「戦争論」と考え方は似ているなぁ~と思った。

やや右寄りな俺としては、共感できる本である。

学校で教わった歴史に疑問を持つ方は、是非読んでみては如何ですか。

マンガなので、すんなりと読めると思いますよアップロードファイル


マンガ田母神流 (晋遊舎ムック)マンガ田母神流 (晋遊舎ムック)
(2009/12/16)
田母神 俊雄

商品詳細を見る




「田母神流」よりも細かく日本の歴史について書かれている。

「戦争論」三部作のうちの第一作目。
新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論
(1998/06)
小林 よしのり

商品詳細を見る

歴史を教科書しか知らない人が見たら、ぶっ飛びますよ !



ブログランキングに参加していますので、ポチっとお願いします。
↓   ↓   ↓





2009-12-04(Fri)

貧しくとも明るく前向きな時代

 ドラマ「坂の上の雲」見ました。

俺が期待していた以上によかったはいてんしょんなかお★

ドラマの舞台となった明治初期は、産業と言っても米ぐらいしかなく大変貧しい国であった。

だが、当時の日本人は、たとえ貧しくても明るく前向きに突き進んでいた。

身分というモノがなくなり、本人の努力次第で、なりたい職につけるようになったからであろう。

今現在はどうであろうか?

不況で苦しんでいる人が大勢いる。

今も、日本人にとって厳しい時代である。

だからこそ、今の日本人も、明治時代の人の「楽天主義」を見習った方が良いのではないか?と俺は思う。

あと、秋山真之の兄である秋山好古が、学問のすすめを持ってこう言っていた「一人一人が独立をすれば、その集合体の国家も独立する事が出来る」と。

はたして、今の日本人何人に、その言葉が当てはまるであろうか?

自分はというと、「う~ん・・・うーむ…みたいな感じである。

俺も好古のように、「独立した日本人である」 と胸を張って言えるように頑張ろう ! ファイト

そう思った。

先週「坂の上の雲」を見逃した人も、明日再放送やるので、よかったら見てください !

日本人としての誇りを持たせてくれるドラマだと思いますよにっこり



ブログランキングに参加していますので、ワンクリックお願いします。
↓   ↓   ↓



今日の日付入りカレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
検索フォーム
たまくま・じろうのカテゴリ
お好きなテーマをどうぞ !
最新記事
自分&整体師仲間のブログ
最新トラックバック
最新コメント
ユーザータグ

月別アーカイブ
アクセスカウンター
俺の熱帯魚達
ふたを左クリック ! 餌を与えられますよ 。
グリムス
FC2ブログランキング
一日ワンクリックよろしくお願いします !

FC2Blog Ranking

天気予報
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ツィッターやっています
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ管理ツール
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。